目標を持ってキャバクラで働こう

お客さんの話を聞く姿勢

人見知りでも大丈夫

たくさんのお客さんと関わるので、人見知りをする人や他人と
コミュニケーションを取ることが苦手な人は、キャバクラで働けないと諦めていると思います。
しかし、キャバクラはこちらの話をする機会は少ないです。
お客さんが話をしてくれることが多いので、こちらは相槌を打って反応してください。
何も反応しないと、お客さんは自分の話を聞いていないと思い怒ります。

たくさん反応するとお客さんは楽しい気分になるので、またお店に来て自分を指名しようと考えてくれるはずです。
自分がアドバイスしたことで、お客さんの悩みを解決できるかもしれません。
しかし慣れていない人は、何といえば良いのかわからないでしょう。
慣れるまでは、真剣に話を聞くことに専念してください。

お店に来てもらうために

何度か自分を指名してくれるお客さんがいれば、顔と名前を覚えられます。
その頃になったら、連絡先を交換してください。
すると宣伝しやすくなります。
時間があれば積極的に、お客さんにお店に来るよう伝えてください。
メールを打つ際のコツは、業務的にならないようにすることです。

業務的な連絡では、お客さんの気持ちが萎えてしまいます。
こちらの気持ちが伝わるように、心を込めて文面を変えてください、
毎回文面を変えることも心がけましょう。
同じ内容のメールを送り続けていると、業務連絡だとお客さんが感じてしまいます。
時々お店で、イベントを開催する日があるでしょう。
そのようなタイミングで、お客さんを呼ぶと効果的です。
こちらからお客さんに、情報を発信してください。